Ellie K

アメリカから女性が楽しめるものを紹介するサイト

シティバンクで夫婦口座を作るススメ。【アメリカのジョイントアカウント】

スポンサーリンク

どうもこんにちは。最近アメリカで結婚しMrs. Kになりました。国際結婚って日本に住む場合と海外に住む場合がありますが、海外に住む場合は手続きや引っ越しが思ったよりも面倒です。

このブログを書いてる中の人間はアメリカに骨埋める予定ですがアメリカ人とアメリカで結婚する事程面倒なことはないと思います笑

 

今日は夫婦口座をアメリカで作ったので説明したいと思います。

まず最初に。色んなウェブサイトで色々なことが書かれていましたが私はシティバンクでソーシャルセキュリティナンバーも婚姻証明書もなしに夫婦口座を作る事ができました。

 シティバンクはもちろん日本にもあって、東海岸にも西海岸にもあって便利です。私は日本の住所でアメリカにいるときに個人の口座を作ることができました。

 

アメリカで夫婦口座を作るとき

夫婦で銀行に行って作ってください。私とMr. Kは2人とも同じ銀行で個人口座を持っていたので2人の銀行カードを渡してさっさと作る事ができました。CheckingSaving Account両方作ってもらうのが良いと思います。普通預金と定期預金口座です。

 

夫婦口座は本当に便利です。日本でも似たようなことやっている銀行もありますが例えば夫に何かがあった場合も、夫婦口座は凍結されることはないので引き続き電気代や家賃の支払い等をすることができます。

一般的な理由は確かアメリカでは法律が違うため、夫の死後の銀行の対応が日米で違うらしいです。

 

窓口に行ってただジョイントアカウントを作りたいと言えば大丈夫です。あとはただ座ってるだけで銀行の人が全て手続きをしてくれたので楽な作業でした。

夫婦共同の名義なのでもちろん外国人でもサインを求められます。1つのオンラインアカウントで自分のと夫婦の口座どっちも管理できて入金もできるのでやっぱり便利。チェックブック、つまり小切手も頼んでおく事をおススメします。

 

2人の名義で管理できる口座は夫婦間だけではなくてもカップル間や家族間でも作れるそうです。
馴染みがないものではありますが便利だし手続きは簡単だし、アメリカに住む国際結婚された方には絶対おススメです。結婚したばかりってまだ実感がないですが、家族としてお金が必要なときという場面が必ず出てきます。グリーンカード申請の際にも2人で共有している口座、住居の証拠を出すことは弁護士によって強く勧められていますよ!

 

今日は以上です。

Ellie 

f:id:EllieK:20161029013136p:plain