YUTOLOG

Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Ellie K

アメリカから女性が楽しめるものを紹介するサイト

留学がつらい?学校を変えたい?1年後どうなってるかなんて誰も分からないよ。

スポンサーリンク

どうもこんにちは。Ellieです。今の時期は留学生が一番ひーひー言ってるときですかね。私も英語が全く分からなかったのに留学してひーひー言っていました。

ということで今日は留学が辛い人のために1年後どうなってるかなんて分からないよって記事です!

 

留学が辛くて帰りたい時期

留学して間もなくの頃ってすんごいしんどいんですよ。

  • 英語は分からないし知ってる人は少ないし
  • ちょっと奥歯を噛み締めるような経験が毎日のようにあるし
  • 自分のアメリカでの居場所が気に入らなくなったり
  • アメリカのここだけはどうしても好きになれなかったり

留学1年目の思考は本当に忙しい。

 

そして留学して数ヶ月で諦めて日本に帰る人は決まる。

留学エージェンシーの方々は留学最初の数ヶ月は
「学校が合わない」
「学校を変えてほしい」

という留学生の嘆きを聞きまくると言っていました。

大体はそうやって愚痴って結局なんとか生き残るらしいけど周りに話せる人もいないような留学生がリタイアしてしまう。

 

留学最初は辛くて当たり前。私もそうだった。

ちょっと私の経験談を聞いてほしい。

 

留学が辛いときどうだった?

私も学校を好きになれませんでした。だから学校を変えたかった。他の留学生と同じように。

私も最初「絶対に学校編入しよう」と思っていました。もちろん最初は学校に知っている人なんてゼロでした。

  • 必然的に1人でいる時間は増えるし、
  • 食事も全然自分のやる気を上げてくれないし、
  • 休日も暇で寮の中で休みたくても誰かが音楽ガンガンかけてたり、
  • ルームメイトいる人もフラストレーションがたまるだろうし
  • 私が全くおススメしないホームステイもストレスかかるし

自分が日本でできていたことの半分のこともできなくて悔しい思いしていると思う。

 

留学最初の1年辛いとき何してた?

英語力がゼロだったからスポンジのように英語を覚えるしかなかった。覚えても覚えても最初の1年なんて全然会話に追いつけないんだけどね。でも英語の勉強で無駄なものは一切ないって学んだのが最初の1年。

そこで私は色々と挑戦することしかできませんでした。例として、

  • 映画を見まくるようになって分からなかったところは巻き戻しながら見たり
  • その日言えなかった英語を書いておいて、夜に練習して次の日使ってみたり
  • 学校のカウンセラーのところにただお話しに行って会話練習したり
  • 留学クラブやイベントは出まくったり

色々頑張るんだけど恥かいてばっかりでした。

 

そう、留学って最初恥をかくことの連続なのです。でも恥をかくことって英語を学ぶ過程で通る道なのだと今なら私は言えます。

今恥をかきまくって落ち込んでいるアナタ。今日言えなかった英語を帰ってからブツブツ言いながら練習して次の日言えるようになってみることから初めてみてください。

 

まずは確実に一歩ずつ。

 

私の留学1年〜1年半後。

1年半がたった頃の私の生活は一変していました。毎日色んなアメリカ人が私に会いに部屋に来て、週末には車でどっかにドライブに行き パーティには必ず呼ばれ、私が一年のときに望んでたもの全てを持っていました。


一年のときもアメリカ人はめっちゃ私の部屋来てステイしてたけど皆ルームメイトを訪ねに来ていました。私は彼女のルームメイトだったってだけでした。でも当時は一人部屋だけど超アメリカ人が来るようになりました。昼寝してても誘拐されるレベルで。

 

そしてその頃には私は

今ほんとに編入したくない
ここで得たものを全て置いて新しい環境に行くのが怖くて仕方ない。 

と本気で思うようになりました。

 

一年のときは学校で暮らすのがつらいときも少しあってここに4年間ステイして全ての困難と向き合って受け入れる努力をするか編入して新しい環境に飛び込んでいってまた新しい困難と立ち向かっていくかで超迷って編入の準備をし始めたんですけど、色んなことと闘って色んなことを乗り越えられてきた。

んでまだある困難も乗り越えられるんじゃないかと思ったんです。私が望むなら。

 

結局私は同じ学校に残り

1年のときに知り合ったアメリカ人と在学中もっと知り合うことができた。

1年のときは英語力が足りなくてうまくコミュニケーション取れなかった相手とも喋るようになった。

1年のときからの成長も周りに見てもらえた。

 

そして1年の時から知っていた仲間と卒業間近には1年の頃からの思い出話をするようになった。更に同じ学校に残ったおかげで今の夫と知り合えた。

1年後どうなってるかなんて、本当に誰も分からない。留学が辛いという気持ちは本当に良く分かる。学校を変えたいという気持ちが出てくるのも仕方ない。

 

だけど私のようなケースがある。学校を変えなくて本当に良かった。

ちょっとだけ耐えたらその後に見える景色は想像以上だった。

 

最初アメリカ行った時は知ってる人が1人もいなかったけど、卒業する頃には5年の付き合いの友人だらけだった。

留学生にいつも私が伝えたいメッセージの1つとして出会いを大切にがある。
アメリカでの出会いを大切にしてほしい。今つらくても、アメリカには色んな出会いがあるから諦めないでほしい。

今できないことも絶対できるようになるから。だからあまり心配しすぎず、アメリカを楽しんでほしい。

 

それが私の留学生へのメッセージ。

今日は以上です。

Ellie 

f:id:EllieK:20161022014208j:plain

P.S. 留学先でかっこいい間接照明でも買って、せめて部屋の中だけでもリラックスしてみたらいかがでしょう?